キッチンリフォーム

一般的にキッチンの寿命は15~20年と言われており、15年を過ぎたころから、水漏れやタイルのひび割れが起こってくるケースが多く見られます。
最新のシステムキッチンにリフォームすれば、使い勝手の良さも大幅にアップ!
たくさん種類がありすぎて、どうやって選べばいいかわからない!という方のために、快適なキッチンライフを実現するポイントをお伝えします。

■ こんなお悩みに応えます

・ カウンターが高くて使いにくい
・ 作業スペースが狭い
・ 収納が使いにくい
・ デザインが古い
・ 掃除をしても、油汚れやカビが取れない
・ 最新のシステムキッチンに取り替えたい
など

■ キッチンリフォームのポイント

● 調理スタイルに合ったレイアウト
キッチンリフォームのプランニング時に特に重要になってくるのは、キッチンのレイアウト。4種類のレイアウトの中から、ご自宅での調理スタイルに合ったものを選びましょう。
▶ I型キッチン
システムキッチンの中でも最も一般的なタイプ。省スペースで左右に動くだけで作業ができます。比較的安価なのも魅力です。

▶ L型キッチン
動線が短く、調理を手早く済ませるのに効果的なタイプです。洗い物をしながら、コンロにかけた鍋のチェックができるなど、全体を見渡して調理ができます。

▶ 対面型キッチン
壁側と反対側に、平行に設置するシステムキッチン。冷蔵庫側に配膳や収納のスペースをたっぷりとることができるため、広いスペースで作業したい場合におすすめです。

▶ アイランド型キッチン
360度どこからでも調理ができるので、ご家族やお友達と一緒に料理を楽しみたい方におすすめです。組み合わせのバリエーションも多彩で、お気に入りのスタイルをお選びいただけます。

● 収納力抜群なら見た目もスッキリ
調理器具や食器類で、どうしてもキッチンが雑然としてしまう、という方も多いはず。必要なものを必要なときにサッと取り出せるキッチンなら、調理時間の短縮にもつながります。

● 身長に合わせた高さで疲れにくく
見落とされがちなのが、キッチン台の高さ。ご自身の身長に合った高さでなければ、作業していても疲れてしまうため、注意が必要です。特に洗い場部分は低すぎると腰に負担がかかるため、身体を起こした状態で作業できるようにしておきましょう。

● 万全のゴミ処理で清潔感をキープ
最近ではゴミの分別も地域ごとに細かい指定があり、以外と場所を取ってしまうことも多いものです。たくさんのゴミ箱が床に並んでいる…なんてキッチンにならないよう、ゴミの保管スペースをあらかじめ作っておくことが大切です。

一覧に戻る

▲TOPへ