バスリフォーム

バスルームのリフォームは、約15年ごとが目安です。
特に在来工法の浴室は、表面上はきれいでも、内側では防水加工が切れて土台が腐っていることもありますので、注意が必要。
傷んだ部分の修繕はもちろん、機能面やデザイン面を強化することで、毎日の入浴がより楽しくなります。
冬場の寒さやお手入れのしづらさなど、お客様のお悩みが解決できる設計をご提案いたします。

■ こんなお悩みに応えます

・ 掃除してもキレイにならない
・ 足を伸ばせる浴槽にしたい
・ ヒートショックを防ぎたい
・ バスルームの床が滑りやすくて危ない
・ お湯の温度調整がうまくできない
・ 浴室や浴槽にひび割れ、サビが出ている
など

バスルームのポイント

● 身体の負担を減らす
暖房の効いた部屋から寒いバスルームに移動すると、私達の身体では血圧が急激な変化を起こします。
この現象は「ヒートショック」と呼ばれ、脳出血や心筋梗塞にもつながるため大変危険。脱衣所やバスルームに浴室暖房を取り付け、暖かくすることで、入浴時の身体の負担を減らします。

● バスルームでの事故防止に
滑って転倒するなど、若い方でも事故が多いのがバスルーム。手すりを設置したり、滑りにくい床材を選ぶことで、事故防止につながります。しゃがんだり立ち上がったりの多い場所なので、年をとっても安心して使えるよう、バリアフリー設計にしておくのもおすすめです。

● パーツごとにお手入れしやすく
サッと流すだけで水垢がきれいになる浴槽や、溜まった髪の毛を一度で取り除ける排水口など、最新のバスルームは掃除のしやすさも抜群!パーツごとに、「拭くだけ」「流すだけ」できれいになる機能付きのタイプが増えています。

● 癒やし?オシャレ?デザインのこだわり
一日の疲れをリセットするくつろぎの空間は、デザインにもこだわりを。色やレイアウトなど様々なバリエーションをご用意していますので、お好みに合わせてお選びいただけます。淡い色を上手く使って、圧迫感の無い空間にするなど、ポイント押さえることでより居心地の良い空間になります。

一覧に戻る

▲TOPへ